日本ハム、西武との接戦を制す…吉川光夫が7回無失点の好投 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

日本ハム、西武との接戦を制す…吉川光夫が7回無失点の好投

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
日本ハムは4月19日、札幌ドームで西武と対戦。先発の吉川光夫が7回無失点の好投を見せ、1-0で勝利した。

日本ハムは初回、近藤健介外野手の今季第1号のソロ本塁打で幸先よく先制。その後は西武・先発の岸孝之投手に6回1失点と抑えられるも、吉川が西武打線を無失点に抑え、最後は守護神の増井浩俊投手が1点差を守り逃げ切った。

これに対してファンからは、「ヒロイン、大野も呼んで欲しかった…。あの8回のアウト2つは大野のお陰」「大野さん、ナイスプレイでした。カッコ良かった」「やっぱ先発に勝ちがつかないとね」「今日は、他のチームが同点で終わっている中、近藤選手のソロホームラン。頑張ってくれました。近藤選手お疲れ様です」など活躍した選手をねぎらう声が寄せられていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top