ソフトバンク、代打・吉村裕基が被災地へ勇気届ける同点弾&サヨナラ弾 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク、代打・吉村裕基が被災地へ勇気届ける同点弾&サヨナラ弾

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
ソフトバンクは4月17日、ヤフオクドームで楽天と対戦。延長12回までもつれ込んだ熱戦はソフトバンクが吉村裕基外野手のサヨナラ弾により9-7で勝利した。

ソフトバンクは4点ビハインドで迎えた9回裏、代打・吉村の3点本塁打などで一挙に同点とすると、迎えた12回裏に再び吉村が2点本塁打を放って試合を決めた。楽天は守護神・松井裕樹投手が崩れ、最後は戸村健次投手もソフトバンク打線につかまった。

劇的なサヨナラ勝ちをおさめたソフトバンクに対して、「被災地からです。選手の皆さんが負けても勝っても一生懸命野球をしていることに元気をもらっています。私たちも頑張ります!」「金曜、日曜と、泣かされっぱなしです。感動をありがとうです。九州男児のパワーはすごいです!こんな最高なチームのファンで、九州人で、嬉しいし良かったなーって思います!熊本のファンにもきっと勇気を与えたと思います!頑張ろう九州!」「ヨシムーの9回同点HR&12回サヨナラHR~熊本まで勇気が届いた!」など熊本地震への勇気となったと語るファンの声が相次いでいた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top