ソフトバンク、西武に快勝して4連勝…千賀がプロ入り初完投勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク、西武に快勝して4連勝…千賀がプロ入り初完投勝利

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
ソフトバンクは4月13日、県立大宮球場で西武と対戦。終始試合の主導権を握ったソフトバンクが5-1で快勝した。

ソフトバンクは3回表、内川聖一内野手の適時打で幸先よく先制。その後はなかなか追加点を奪えずにいたが、7回表、1死一、二塁の好機に松田宣浩内野手が適時打を放って待望の追加点。さらに8回表には今宮健太内野手にも適時打が飛び出して5-0とした。

西武は最終回に秋山翔吾外野手が適時打を放って1点を返すも反撃はここまで。投げては、千賀滉大投手が9回を投げて6安打1失点の完投勝利を挙げた。

これに対して、「千賀投手のヒーローインタビュー印象的でした。ボールを戒めに」「貯金1、これから連勝しましょう」「千賀投手おめでとうございます。4連勝すごいです」「千賀投手、初完投ナイス!これからどんどん勝ってください」など、千賀の好投を称賛する声が多く寄せられていた。

ソフトバンクはこれで4連勝となり、貯金を1とした。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top