ソフトバンク、楽天との接戦を制す…内川が決勝の3点本塁打 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク、楽天との接戦を制す…内川が決勝の3点本塁打

新着 製品/用品

野球 イメージ
  • 野球 イメージ
ソフトバンクは4月15日、ヤフオクドームで楽天と対戦。主砲・内川の3点本塁打が飛び出し、3-2で接戦をものにした。

ソフトバンクは3回裏、走者一、二塁の好機を迎えると、四番の内川が3点本塁打を放って幸先よく先制。5回表には楽天に2点を返されるものの、その後は5人のリリーフ陣が得点を与えずに最後は守護神・サファテが締め、1点差を守り切った。

これに対して、「ウッチー、ナイスホームラン!」「今年も五十嵐やサファテは頼りになるな!」「サファテは最強や!」「いい勝ちゲームが増えてきた。そろそろ今年もエンジンかかってきたかな」など、ソフトバンクファンの喜ぶ声が寄せられていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top