レッドソックスの主砲オルティーズ、現役最後の年に注目が集まる | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

レッドソックスの主砲オルティーズ、現役最後の年に注目が集まる

スポーツ 選手

デビッド・オルティーズ 参考画像(2015年9月30日)
  • デビッド・オルティーズ 参考画像(2015年9月30日)
4月3日から2016年シーズンが始まるメジャーリーグ。今季限りでの引退を表明している、ボストン・レッドソックスのデビッド・オルティーズ内野手に注目が集まっている。

レッドソックスの主砲として長くチームを支え続けたオルティーズ。本塁打王1回、打点王2回を獲得したほか、チームを3度のワールドシリーズ制覇に導いた。特に2004年のリーグチャンピオンシップでは、宿敵ヤンキースに0勝3敗と追い詰められた第4戦の延長十二回、劇的なサヨナラ本塁打で反撃ののろしを上げた。

オルティーズは第5戦でも本塁打を放ち、勢いに乗ったレッドソックスは史上初の3連敗から4連勝でリーグを制し、ワールドシリーズでは86年ぶりの世界一を果たした。

史上27人目の通算500本塁打を達成し、引退後の殿堂入りも確実視されている選手のラストイヤーには、多くのファンが注目する。リーグの公式インスタグラムが、ファンのサイン攻めに応えるオルティーズの写真を公開した日の投稿には、「史上最高のクラッチヒッターだ」「彼は史上最高の指名打者だった」「私はレイズファンだけど、彼には最大級の敬意を払う。最高の男だった」など200件以上のコメントが寄せられた。

For a limited time only.

MLB さん(@mlb)が投稿した写真 -

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top