日本ハムがソフトバンクに競り勝つ…レアードが3点本塁打 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

日本ハムがソフトバンクに競り勝つ…レアードが3点本塁打

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
日本ハムは4月3日、東京ドームでソフトバンクと対戦。3試合連続の接戦となった試合は、日本ハムが4-3で勝利した。

5回に1点をリードされた日本ハム。迎えた6回裏、レアードが右中間スタンド中段に放り込む特大の3点本塁打を放つなど、一挙4点を奪って逆転に成功。最終回、ソフトバンクに1点差まで詰め寄られるものの、最後は守護神・増井浩俊投手がかろうじて逃げ切った。また、日本ハム・先発の有原航平投手は8回を投げて1失点の好投を見せた。

これに対して、「継投がピリッとせずに…ギリギリで勝てたけど。次はスッキリ勝ってください!」「手に汗どころか胃に汗かきましたわ」「増井さんもう少し頑張って!抑える仕事ですよ」「マッスーがんばれ!」など、勝利したものの1点差まで詰め寄られる展開に苦言を呈すファンの声が多く寄せられていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top