ソフトバンク、日本ハムとの接戦を制す…バンデンハークが7回1失点 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ソフトバンク、日本ハムとの接戦を制す…バンデンハークが7回1失点

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
ソフトバンクは4月2日、東京ドームで日本ハムと対戦。ソフトバンク・先発のバンデンハークが7回1失点の好投で今季初勝利。試合は4-3でソフトバンクが勝利した。

ソフトバンクは初回、内川聖一内野手の2点本塁打で幸先よく先制すると、3回表には中村晃外野手の犠飛などで加点。その後、日本ハムは1点差まで詰め寄るも、あと一歩及ばず。最終回はサファテが締めて今季2セーブ目を挙げた。

これに対して、「日本ハムに2夜連続のサヨナラを期待したけどな。近藤の適時打で流れがいったと思ったんだけど…」「内川の一発は良かったね。とりあえず、今季1号おめでとう!」「ソフトバンクの外国人にやられた感じ。バンデンハークとサファテは今年もやっかいな相手だ」など、ファンからはさまざまな声が寄せられていた。

ソフトバンクはこの勝利で勝率を5割に戻した。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top