チェルシー4発快勝、アレシャンドレ・パトが移籍後初ゴール | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

チェルシー4発快勝、アレシャンドレ・パトが移籍後初ゴール

スポーツ 短信

チェルシー4発快勝、アレシャンドレ・パトが移籍後初ゴール(c)Getty Images
  • チェルシー4発快勝、アレシャンドレ・パトが移籍後初ゴール(c)Getty Images
  • サッカー ゴール イメージ(c)Getty Images
4月2日に行われたイングランド・プレミアリーグ第32節、チェルシーは敵地でアストン・ヴィラと対戦し4-0の勝利を収めた。前半23分には負傷したロイク・レミーとの交代で、アレシャンドレ・パトがプレミアリーグ初出場を果たしている。

前半26分にルーベン・ロフタス=チークのゴールで先制したチェルシーは、同48分にパトがPKを決め前半のうちに2点差をつけて折り返す。後半も試合を支配したのはチェルシー。開始から1分でペドロがゴールを決め突き放すと、同14分にもペドロがこぼれ球を押し込んで試合を決定づけた。

この試合にサッカーファンからは、「パトはようやくのデビュー戦で結果が出てよかった」「パト良かったね。残り試合で活躍して、完全移籍を勝ち取ってほしい」「パトはチェルシーのデビュー戦で点取ったのか、さすが」などの声が寄せられている。

チェルシーのフース・ヒディンク監督は試合後、イングランドでの初ゴールを決めたパトについて、「日々のトレーニングの成果が結果となって現れた。今まで苦しんできたから、本人が一番安心しているだろう」と話した。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top