ロッテ、16安打12得点で大勝…鈴木大地が2打席連発 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ロッテ、16安打12得点で大勝…鈴木大地が2打席連発

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
ロッテは3月29日、QVCマリンフィールドで楽天と対戦。16安打12得点と打線が爆発し、12-2で大勝した。

日本ハムとの開幕カードを2勝1敗とし、まずまずのスタートを切ったロッテ。この日は初回に清田育弘外野手の適時打で幸先よく先制。その後は同点とされ、5回までは両チームとも決め手を欠いて無得点。迎えた6回裏、ロッテは3点を奪って勝ち越しに成功すると、続く7回には一挙に6点を挙げて試合を決めた。

鈴木大地内野手は、2打席連続本塁打を放つなど躍動。投げては石川歩投手が7回を投げて1失点の好投。今季初勝利を挙げた。

これに対して、「ええと…パリーグ第1号が鈴木大地のホームランで…第2号も鈴木大地のホームランで…」「おめでとう!大地!ホームランおめでと!」「ナイスゲーム!まさか大地の連発とは」「明日もこの調子で」など、ロッテの勝利に歓喜するファンの声が多く寄せられていた。

《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top