広島・黒田、6回2失点の好投…DeNAとの接戦を制す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

広島・黒田、6回2失点の好投…DeNAとの接戦を制す

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
広島は3月13日、DeNAとオープン戦で対戦。広島の黒田博樹投手が、6回を投げて2失点の好投。試合は3-2で広島が勝利した。

開幕カードとなるDeNA戦。12日の試合ではジョンソンの好投もありDeNAに快勝したが、それに黒田も続いた。4回までは、ほぼ完璧なピッチング。5回につかまり2点を失ったが、先発としての役割は十分に果たした。

これを受けてファンからは、「前回の登板で足に受けた打球の影響はないみたいね。ホッとした」「ジョンソンも良かったし、黒田も良かった。このふたりがやっぱり軸だな」「開幕カードの相手に嫌な印象を与えることができた。この勝利を本番にとっておいてほしいくらい」など広島の連勝を喜ぶ声が多く寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top