今年のオリックスは違う?最終回、広島に追いつき引き分けに | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

今年のオリックスは違う?最終回、広島に追いつき引き分けに

スポーツ 短信

野球 イメージ
  • 野球 イメージ
3月8日のプロ野球オープン戦、オリックスは京セラドームで広島と対戦し5-5の引き分けだった。

オリックスの先発は東明大貴。初回いきなり先頭打者からの3連打で点を失うと、4番・ブラッド・エルドレッドの犠牲フライもあり2失点。三回にも1点を失い立ち上がりでつまずいた。しかし、その後は持ち直し5回4安打、3失点、4奪三振でマウンドを降りている。

対する広島の先発は野村祐輔。課題と言われていた立ち上がりは無難にスタートしたが、三回に連打で1点を失うと四回にもクリーンナップの3連打、さらに6番・指名打者に入ったトニ・ブランコの適時二塁打で3点を返された。野村は5回を投げ7安打、4失点。

試合は八回に丸佳浩の2点適時二塁打で広島が5-4と逆転するが、オリックスは九回裏二死ランナーなしからT-岡田がヒットで出塁、続く小田裕也の打席で相手のエラーもあり追いついた。

土壇場で引き分けに持ち込んだオリックス。この結果にファンからは、「東明さん、点は取られたけど順調そう」「東明も開幕ローテは確定でいいのかな?」「勝ちきれなかったのは残念ですけど、去年は9回に同点に追いつくことすらほとんどなかった」「8回にエラー絡みで逆転されて、9回にエラー絡みで追いつくいかにもオープン戦な試合」「ここで引き分けに持ち込むあたり今年のオリックスは違う」などの声が寄せられている。

今季のオリックスは外国人選手枠の争いも激しい。先発した野手3人は全員がヒットを打っている。打者ふたり、投手ふたりで枠を分け合った場合、このうち誰かが漏れる。1軍生き残りに3人とも必死のアピールが続く。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top