中日、助っ人の連続適時打で広島との接戦を制す | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中日、助っ人の連続適時打で広島との接戦を制す

スポーツ 短信

野球 イメージ
  • 野球 イメージ
中日は3月2日、広島とオープン戦で対戦した。チャンスは1回裏に訪れた。1死二、三塁の場面で、ビシエド外野手の適時打が飛び出して幸先よく先制。続くナニータ外野手も適時打で続いた。

その後、広島に1点を返されるも、4投手のリレーで見事に逃げ切った。投げては濱田達郎投手が5回を1失点で切り抜けるも、8四死球を与えるなど制球に課題を残した。

これに対してファンからは、「達郎、8四球じゃ監督おかんむりですね。今年も貧打線なのか?」「ビシエドはなんとなく活躍してくれそうな予感。それにしても打線に迫力がないな」「又吉が最後に締めて、1点差逃げ切り。中日らしいといえばそれまでだが…」など勝利したものの、戦いぶりに注文をつける声が挙がっていた。

3年連続Bクラスに甘んじた中日。かつての常勝軍団の巻き返しに期待したい。

刈谷でカープを迎えてのオープン戦です。6:遠藤8:大島9:平田3:ビシエドD:ナニータ7:井領5:高橋2:桂4:堂上のスタメン、先発は濱田投手です。1回裏1死二、三塁からビシエド選手、ナニータ選手の連続タイムリーで2点...

Posted by 中日ドラゴンズ on 2016年3月1日
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top