中日・小笠原、谷繁監督が絶賛「いい球だった」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中日・小笠原、谷繁監督が絶賛「いい球だった」

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
中日のドラフト1位ルーキー・小笠原慎之介投手(東海大相模高)が2月21日、ブルペンでキャンプ最多となる121球を投じた。

黄金ルーキーの投球を食い入るように見つめていた谷繁元信監督。打者の目線で球筋を確かめようと、急遽打席に立った。指揮官の突然の行動に緊張の面持ちだった小笠原も、ここぞとばかりにギアを上げて快速球を連発。

谷繁監督をのけぞらせるなど、アピールに成功。数々の名投手の球を受けてきた谷繁監督も、「いい球だった」と絶賛していた。

これに対してファンからも、「小笠原の評価はかなり高いよね。オープン戦で結果を出せば、開幕ローテーションに入れるんじゃないか」「谷繁監督がうなるんだから、好投手であることは間違いない。後はオープン戦でどこまで通用するかだな」「高卒で左腕で150km超えとかいって、その時点で期待できる。甲子園で優勝しているしね」など小笠原に対して期待する声が多く寄せられていた。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top