中日・小笠原、第4の武器ツーシームを披露 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

中日・小笠原、第4の武器ツーシームを披露

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
中日のドラフト1位ルーキー・小笠原慎之介投手が2月25日、ブルペンに入り投球練習を行った。この日の見せ場はツーシーム。高校の時にも投じていた球だが、シュート回転する癖があることから、ここまでは見せていなかった。

フォークとシンカーの中間のような軌道で絶妙にコントロールされた球がミットにおさまると、本人も納得の表情。これまでツーシームを目にすることのなかった首脳陣からも太鼓判を押された。

これに対してファンからは、「小笠原は貴重な左腕だし、完成度が高い。開幕ローテーション入りも十分にありうるね」「ここ数年フレッシュな話題が少なかった中日にとって、小笠原の存在は大きい」「オープン戦での投げっぷりを早く見たい」など期待の声が日増しに強くなっている。

小笠原も持ち球は直球のほか、高速スライダー、チェンジアップ。そこにツーシームが加わると投球の幅も広がる。甲子園優勝投手の看板は伊達じゃない。高卒1年目とはいえ、新人王を狙うなど目標は高く、大きな期待を抱かせてくれる。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top