イチロー、古巣ヤンキース戦は2打数無安打 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

イチロー、古巣ヤンキース戦は2打数無安打

スポーツ 短信

イチロー 参考画像(2016年3月8日)
  • イチロー 参考画像(2016年3月8日)
  • イチロー 参考画像(2016年3月8日)
マイアミ・マーリンズは3月8日、ニューヨーク・ヤンキースとオープン戦を行い1-0で勝利した。7番・右翼手で先発したマーリンズのイチローは2打数無安打だった。

ヤンキースは復活にかけるCC・サバシア投手が先発。2回を投げ無安打、1四球の内容でマーリンズ打線を封じた。ヤンキース公式サイトは、「25球中16球をストライクゾーンに投げ、ヒットは1本も許さなかった。唯一の汚点は二回二死から四球を出したことだ」と伝えている。

6番のクリス・ジョンソンが四球を選んだことで、この回イチローに第1打席が回ってきた。しかし、イチローの当たりはセカンドゴロ。ランナーを進めることができなかった。五回に回ってきた第2打席でもイチローは見逃し三振に倒れている。

古巣との対戦を終えたイチローにファンからは、「まだまだこれから。今年も頑張れ!」「今季も期待してます!」「開幕スタメンに向けてアピールしたいね」などの反応を寄せている。

There’s cool, then there’s Ichiro cool.

MLB さん(@mlb)が投稿した写真 -

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top