錦織圭が勝利、日本はデビスカップ1勝1敗でスタート | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

錦織圭が勝利、日本はデビスカップ1勝1敗でスタート

スポーツ 短信

錦織圭 デビスカップ(2016年3月4日)(c)Getty Images
  • 錦織圭 デビスカップ(2016年3月4日)(c)Getty Images
  • テニス イメージ(c)Getty Images
3月4日に男子テニスの国別対抗戦デビスカップが行われ、日本は前回覇者のイギリスと対戦。初日のシングルス2試合を1勝1敗で終えた。

日本は第1試合でダニエル太郎がアンディ・マレーと対戦。世界ランク2位のマレーに、ダニエルは力の差を見せつけられ1-6、3-6、1-6で敗れた。

続く第2試合に登場した錦織圭は、世界ランク157位のダニエル・エバンズと対戦。第1セットを6-3で取ると、第2セット以降はエバンズに粘られるが振り切りセットカウント3-0で勝利。

初日を1勝1敗で終えた日本にテニスファンからは、「デビスカップはここからが勝負」「今日のダブルスも楽しみ」「アウェイでの戦いは厳しいけど初戦突破を」「ダブルスも勢いに乗って良い試合を期待しています」などの声が寄せられている。

デビスカップは2日目にダブルス1試合、最終日に再びシングルス2試合が行われる。


《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top