西武・菊池雄星、練習試合で4回6失点…ファン「エースと呼ぶには安定感が足りない」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

西武・菊池雄星、練習試合で4回6失点…ファン「エースと呼ぶには安定感が足りない」

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
西武は2月25日、ロッテと練習試合を行い4-6で敗れた。先発した菊池雄星投手が4回を投げ8安打、6失点、四死球3の乱調。開幕に不安を残す結果となった。

すでに開幕投手が内定している菊池。初めて任された大役に気合いも入るが、この日は制球が定まらず、甘い変化球を痛打された。一回に連続安打から失点すると、四回につかまり一挙5失点。

入団当時から大器と期待されてきた菊池。ファンからは、「ハマると手も足も出ないピッチングをする投手。しかし、投げてみないと分からないのが玉に瑕」「エースと呼ぶには安定感が足りない」「今のうちボコボコ打たれて課題が見つかればいいよ。今は結果求める時期じゃないでしょ」「雄星なんか惜しい。今年こそ一皮剥けてくれ」「日本を代表する左腕になってくれよ」など課題を克服し、飛躍してほしいという声が寄せられている。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top