西武・菊池雄星、ブルペンで快速球を連発「去年より勢いがある」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

西武・菊池雄星、ブルペンで快速球を連発「去年より勢いがある」

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
西武の菊池雄星投手がキャンプ初日となった2月1日、ブルペンで捕手を座らせて直球を投げ込んだ。

「去年より勢いがある」。投げ終えた後に清々しい表情で語り、汗をぬぐった菊池。球はバラついていたものの、自主トレーニングの成果を実感している様子だった。球を受けた森友哉捕手は「めちゃくちゃ速かった」と、菊池の球威を絶賛。仕上がりの良さを肌で感じている様子だった。

これに対して、「雄星、今年は頼むぞ!ここ数年、手の付けられないピッチングをする試合もあるし、いよいよ本当のブレイクをしてくれ」「日本の最速左腕でしょ。ケガをしないで、自信をもってやってくれたら、普通に二桁は勝てると思う」「24歳か。今年15勝くらいしてチームが優勝すれば、侍ジャパンにも入れると思うから頑張れ!」など、ファンからは菊地の今季の飛躍に期待する声が多く寄せられていた。

菊池はプロ入り後、9勝まではいきながら未だ二桁勝利は達成していない。首脳陣やファンが今年の菊池にかける期待は大きい。
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top