西武・浅村栄斗、来季はトリプルスリーを狙う「走るために体をしぼる」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

西武・浅村栄斗、来季はトリプルスリーを狙う「走るために体をしぼる」

スポーツ 短信

野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
西武の浅村栄斗内野手が、来季の目標にトリプルスリーを掲げた。元々、3割、30本、100打点を目標として掲げていたが、さらなる高みを目指すために30盗塁も目指す。

浅村は今季、打率270、13本塁打、12盗塁の低調な成績で終わった。チームも終盤に失速しクライマックスシリーズ出場を逃した。主軸として、その責任は人一倍感じている。「来年は走るため体をしぼる」と盗塁数アップに意気込みを見せた。今季は、トリプルスリーが流行語大賞にも選ばれるなど注目を浴びたが、来季はその偉業を達成して歴史に名を残す。

これに対して、「問題は盗塁だね。他も去年の調子だと厳しいと思うから相当がんばらないと」「浅村が打点王獲った時くらいの活躍してくれれば打線にも迫力が増す」「来季は秋山に負けないぐらい頑張ってほしい」など、ファンからの声が寄せられていた。

今季、シーズン最多安打記録を更新した秋山翔吾外野手、不動の4番・中村剛也内野手、そこに浅村のトリプルスリー級の活躍が加われば、他球団にとってこれほど脅威になることは間違いない。
《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top