西武からFAの脇谷亮太、3シーズンぶり巨人復帰 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

西武からFAの脇谷亮太、3シーズンぶり巨人復帰

巨人は12月2日、西武からフリーエージェント宣言した脇谷亮太内野手と来シーズンの契約を結んだと発表した。2013年オフに片岡治大の人的補償として西武に移籍した脇谷は、3シーズンぶりの古巣復帰となる。

スポーツ 選手
野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
巨人は12月2日、西武からフリーエージェント宣言した脇谷亮太内野手と来シーズンの契約を結んだと発表した。2013年オフに片岡治大の人的補償として西武に移籍した脇谷は、3シーズンぶりの古巣復帰となる。

脇谷は2005年の大学・社会人ドラフトで5巡目指名を受け巨人に入団。2013年まで8シーズンプレーしたが、当時西武からFA宣言していた片岡を巨人が獲得したため、人的補償で慣れ親しんだユニフォームを脱ぐことになった。

西武での2シーズンは内野のユーティリティプレーヤーとして活躍。2015年は118試合に出場して打率.294、3本塁打、22打点の成績だった。守備では内野だけでなく外野も守った。

巨人への復帰が決まった脇谷には、「2年間ありがとうワッキー。巨人へ戻っても素晴らしい活躍期待してます」「脇谷選手、2年間ありがとうございました。これからも頑張ってください、応援します」「来シーズンは2番セカンドでレギュラー頼む」「脇谷帰ってくるのか!頼もしい!」など手薄な内野の穴を埋めてほしいと期待する声が多い。

入団会見は後日行われる予定。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top