西武・菊池雄星、1700万円アップに驚き「もっと低いかと…」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

西武・菊池雄星、1700万円アップに驚き「もっと低いかと…」

スポーツ 選手

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
西武の菊池雄星投手が12月3日、西武プリンスドームで契約更改交渉に臨み、1700万円アップの年俸5500万円プラス出来高払いでサインした。あまり自信がなかったと言う菊池は、大幅アップ提示に笑顔を見せた。

今シーズンはケガでの出遅れもあり登板23試合、133イニングで9勝10敗と負け越した菊池。だが防御率は2.84と2014年から改善が見られ、その点を球団から評価された。会見では「負け越しているので、もっと低い評価だと思っていた」と予想外の高評価を喜んだ。

来シーズンの目標にプロ初の二桁勝利を掲げた菊池に、「来年こそエース目指して頑張ってほしい」「1試合平均5イニングでは中継ぎの負担が大きい。来シーズンは7回くらい投げてもらわないと」「調子が悪くても悪いなりにゲームを作れるようになれば、タイトル争いできるに投手になれる」「毎年『今年こそ二桁かな?』と期待すると失速。来年こそ達成してほしい」など、さらなる飛躍を期待する声が多い。

今年は左腕で国内最速の157キロをマークするなど、ポテンシャルの高さは折り紙付き。2016年こそ二桁勝利を達成したい。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top