日本ハム、岡大海と淺間大基が負傷離脱 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

日本ハム、岡大海と淺間大基が負傷離脱

スポーツ 選手

病院 イメージ
  • 病院 イメージ
日本ハムは2月17日、岡大海外野手と淺間大基外野手がそれぞれ全治2週間程度の負傷と診断されたことを発表した。日本ハムはこの日、キャンプ先の米アリゾナから沖縄に移動していた。

沖縄県内の病院でMRI(核磁気共鳴画像法)検査を受けた結果、浅間は急性腰痛と診断され、全治まで約2週間。同じく沖縄県内の病院でMRI検査を受けた岡も、左ヒザ関節炎と診断され全治10日~2週間。

球団の発表にファンからは、「淺間選手早く治ります様に…無理しないで休んで欲しいです」「癖にならなければいいですね」「痛そうですね。お大事にしてください」「今年は間違いなく飛躍の年になると思っていただけに、この時期に2週間の離脱は痛いな」「岡も浅間も急にどうした」など心配する声が多数寄せられている。

ふたりは今後、状態を見ながら練習を再開する予定。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top