【山口和幸の茶輪記】元オリンピック代表が案内…参加無料のプレミアムライド | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【山口和幸の茶輪記】元オリンピック代表が案内…参加無料のプレミアムライド

オピニオン コラム

スルガ銀行湯河原支店には足湯もあって無料で利用できる
  • スルガ銀行湯河原支店には足湯もあって無料で利用できる
  • スルガ銀行併設サイクルステーション
  • スルガ銀行湯河原支店のサイクルステーション
  • スルガ銀行湯河原支店(神奈川県足柄下郡湯河原町)
  • スルガ銀行御殿場東支店(静岡県御殿場市)
  • スルガ銀行御殿場東支店をスタート
  • スルガ銀行併設サイクルステーションプレゼンツのサイクリングイベント
  • スタート前には安全教室が開かれる
参加費無料の少人数プレミアムサイクリングが2016年も継続開催される。スルガ銀行湯河原支店(神奈川県湯河原町)とスルガ銀行御殿場東支店(静岡県御殿場市)に併設されているサイクルステーションを拠点とし、自転車界の著名選手が案内してくれる。

スルガ銀行併設サイクルステーションプレゼンツのサイクリングイベントは2016年、内容も回数もバージョンアップして開催される。どちらも元オリンピック代表の田代恭崇さんが経営するリンケージサイクリングが案内役を務め、田代さんや女子スタッフが一緒に走ってくれるので安心。

湯河原支店で行われる大観山ヒルクライム19kmはプロロードレーサーの西加南子選手がゲストとして参加する日が追加される。御殿場東支店では富士山麓を回る距離約50kmのファンサイクリングを行い、富士山を上るヒルクライムを追加する予定。


スルガ銀行湯河原支店

基本的には木曜日に開催されるが、スペシャルイベントとして日曜日にも開催される予定だ。参加無料ということもあってこれまでエントリーは1回のみに限定していたが、2016年は2回までエントリーすることができる。駐車場/ピット/化粧室/キッチンスペース/ラウンジ/DVDプレイヤーを設置している両サイクルステーションでサイクリングが楽しめる。

募集開始の案内は、リンケージサイクリング、スルガ銀行サイクリングプロジェクトのFacebookページで随時行なうので要チェック。

リンケージサイクリングは、参加費無料の少人数プレミアムサイクリングを、スルガ銀行湯河原支店併設サイクルステーション(静岡県御殿場市)とスルガ銀行御殿場東支店併設サイクルステーション(神奈川県足柄下郡湯河原町)にて、3月10日(木)より開催し...

Posted by リンケージサイクリング on 2016年2月7日


【エントリーを締め切りました!】スルガ銀行サイクルステーションプレゼンツ2016年3月10日(木)開催分「大観山ヒルクライム19km」!!定員となりましたので、エントリーを締め切らせていただきました。エントリーをいただいた皆さん、ありがとうございました。

Posted by スルガ銀行サイクリングプロジェクト on 2016年2月12日


神奈川県西部の温泉街・湯河原や天下の険・箱根を走るコースは交通量の少ない椿ラインを使って、伊豆半島の稜線となる標高1000m超の大観山を目指す。海抜0mから湯河原の温泉街を通ってロードバイクで伊豆半島の山々を目指す。

このあたりは自転車通行不可の自動車道が交通網として張り巡らされているが、椿ラインはつづら折りが続く一般道だ。週末になるとオートバイ族が多いというが、平日のこの日はバイクもクルマも1台もすれ違うことない。まさにつかの間のサイクリングパラダイスだ。

椿ラインはおよそ20kmで1000mを上る。つまり勾配値は平均5%なので、それほどハードなルートではない。ペースを抑えめにしてペダルをクルクル回すように心がければ初級者でも上れる。それでいて高度は稼げるのでキラキラと輝く大海原に伊豆大島や初島が浮かぶ絶景が楽しめる。しっかりと走り込み、自転車を降りた後はおいしいものや温泉。スルガ銀行湯河原支店では足湯もあるのでうれしい。


スルガ銀行御殿場東支店併設サイクルステーション

御殿場東支店を拠点とした富士山麓コースも走りごたえがある。出発前には田代さんによる安全走行のための教習が行われ、参加者全員で体操をして出発。コースの獲得標高は715mで、厳しい山岳ルートだが絶妙のペース配分で先頭を走ってくれるので初級者でも無理なくこなせる。とりわけ女性サイクリストにとっては、同性のスタッフがいてくれるおかげで、男性には言いづらいことも相談できるのがありがたいという。

スタート前に教えてもらった走行術も、実地訓練となる。安全なスタート方法、手信号、声による伝達など、ふだん1人で走っている人はだれにも教えてもらえないようなことを、日本の女王や元五輪選手から直接手ほどきを受けるのである。練習方法やペダリングのやり方、上りで強くなる方法なども質問すれば、その人のレベルに合わせてアドバイスしてくれるはずだ。

こんな超優遇サイクリングが参加無料というのは、他業禁止という金融機関ならではの裏事情があるようだ。

「サイクリングをしている人たちがどんな楽しみ方をしているのか。こういったイベントを支援することでそれを吸収し、新たな企画を提案していきたいから」とスルガ銀行の担当者。

距離45kmのサイクリングは平日の午前9時出発と朝が早いが、コース終盤に手作りハム&パンのお店でランチするなどでくつろぎながらも、午後1時過ぎにはゴール。短いながらもすべての参加者が満足していた。やはり走りは一流選手に教えてもらうのがいい。

スルガ銀行が自転車乗りの拠点として提供するサイクルステーションは神奈川県の湯河原と静岡県の御殿場にある。どちらもバイクラックとフロアポンプ、工具類が置かれるピットや、キッチン付きのラウンジスペース、トイレが完備されている。御殿場にあるステーションはシャワーも備える。利用は無料で10~18時。走った後の占有時間は2時間までで、電話予約によって他のグループと重複しないように配慮される。
《山口和幸》

編集部おすすめの記事

page top