柴崎岳、虫垂炎手術で全治4週間…G大阪との開幕戦は欠場も | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

柴崎岳、虫垂炎手術で全治4週間…G大阪との開幕戦は欠場も

スポーツ 短信

柴崎岳 参考画像(2015年5月5日)
  • 柴崎岳 参考画像(2015年5月5日)
  • 柴崎岳 参考画像(2015年6月11日)
鹿島アントラーズは2月12日、MF柴崎岳が急性虫垂炎の手術を受けていたことを発表した。

柴崎は2月9日、チームドクターの立会いのもとで手術を受け、全治約4週間だそうだ。

鹿島は宮崎市内で行われていた春季キャンプを2月5日に打ち上げ、現在はJリーグ開幕戦へ向けて鹿嶋市内のクラブ練習場で調整を進めている。

開幕節は2月28日、鹿島はアウエーでガンバ大阪と対戦するが、柴崎は欠場の可能性もある。

ファンからは、「えええ…開幕もうすぐなのに…」「岳!大丈夫か!?お大事に!」「一刻も早く回復することを祈ってます!」と心配の声が挙がっている。

今季から鹿島の背番号「10」を着用する柴崎。2011年に青森山田高校から鹿島へ入団し、日本代表も経験している。‘チームの心臓’である柴崎の離脱は、エースナンバーを背負い自身の初のリーグ制覇を目指す柴崎にとり、チームにとっても大きな痛手となりそうだ。

《桜川あさひ》

編集部おすすめの記事

page top