チェルシー、FA杯16強入り…アザールのゴールをヒディンク監督も喜ぶ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

チェルシー、FA杯16強入り…アザールのゴールをヒディンク監督も喜ぶ

スポーツ 短信

エデン・アザール 参考画像(2016年1月31日)
  • エデン・アザール 参考画像(2016年1月31日)
  • チェルシーのフース・ヒディンク監督 参考画像(2016年1月31日)
イングランド・プレミアリーグのチェルシーは1月31日、FA杯4回戦でミルトン・キーンズ・ドンズと対戦し5-1で勝利した。

チェルシーは前半15分にオスカルのゴールで先制。6分後には同点ゴールを決められるが、同32分に再びオスカルのゴールで勝ち越す。さらにオスカルは同44分にも追加点を挙げ、前半だけでハットトリックを達成した。

後半に入ってもチェルシーが優勢に試合を進める。同10分にエデン・アザールがPKを決めリードは3点。7分後にはバートランド・トラオレにもゴールが生まれた。

試合後の会見でチェルシーのフース・ヒディンク監督は、不振が続いていたアザールにゴールが出たことを喜んだ。

「アザールに関してはOKだ。ケガで難しい時間を過ごしてきた。我々にはPKを蹴る序列があって、その中で一番にいるのはオスカルだ。しかし、選手たちはアザールにPKを譲った。アザールが決められて良かった。長期離脱の後で調子を取り戻してきている」
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top