ペイトリオッツ、5年連続AFCチャンピオンシップ進出 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ペイトリオッツ、5年連続AFCチャンピオンシップ進出

スポーツ 短信
ニューイングランド・ペイトリオッツ(2016年1月16日)
  • ニューイングランド・ペイトリオッツ(2016年1月16日)
  • ニューイングランド・ペイトリオッツ対カンザスシティ・チーフス(2016年1月16日)
NFLで1月16日にAFCディビジョナル・プレイオフ、カンザスシティ・チーフス対ニューイングランド・ペイトリオッツ戦が行われた。試合は序盤から効果的に得点を積み重ねたペイトリオッツが、チーフスの反撃を封じ27-20で勝利した。

ペイトリオッツはクォーターバック(QB)トム・ブレイディから、タイトエンド(TE)ロブ・グロンコウスキーへのパスが通り、第1クォーター序盤にタッチダウンを奪う。シーズン途中に負った負傷は、まだ完全に治ってないというグロンコウスキー。だが7回のパスキャッチで83ヤード、2タッチダウンの活躍を見せた。

負傷から戻ってきたワイドレシーバー(WR)ジュリアン・エデルマンもパスキャッチ10回、100ヤード獲得でチームを引っ張った。

チーフスも反撃を試みたが第3クォーター残り10分31秒、ランニングバック(RB)ナイル・デービスがタックルを受けファンブル、落としたボールをペイトリオッツが抑えターンオーバーされてしまう。

チーフスは第4クォーター残り1分13秒、オンサイドキックで最後の賭けに出たがボールをキャッチしたのは、ペイトリオッツのグロンコウスキーだった。

激戦を制したペイトリオッツに、「これぞプレイオフという試合だった。後半はオフェンスラインが押し勝っていた」「いい試合だった。来週のカンファレンスファイナルも楽しみ」「上り調子のチーフスでも敵わずか。5年連続チャンピオンシップはスゴすぎる」「流石にプレイオフ慣れしてるチームの戦い方だった」などの声が寄せられている。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top