ボルティモア・レイブンズ、残り3秒からの劇的な勝利…NFL | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ボルティモア・レイブンズ、残り3秒からの劇的な勝利…NFL

スポーツ 短信

ボルティモア・レイブンズ対クリーブランド・ブラウンズ(2015年11月30日)
  • ボルティモア・レイブンズ対クリーブランド・ブラウンズ(2015年11月30日)
  • ボルティモア・レイブンズ対クリーブランド・ブラウンズ(2015年11月30日)
NFLは11月30日、ボルティモア・レイブンズ対クリーブランド・ブラウンズのマンデーナイトフットボールが行われた。試合は残り3秒から劇的な展開を迎え、33-27でレイブンズが勝利している。

第1クォーターにケイリン・クレイがパントリターンから82ヤードを走りきり、そのままタッチダウンを決めたレイブンズ。10-0とリードして第1クォーターを追えた。

だが第2クォーターに入るとブラウンズの反撃が始まる。ひとつのタッチダウンと、2本のフィールドゴールを決められ17-13まで追い上げられた。

その後も接戦が続いたゲームは、第4クォーター残り1分48秒でブラウンズが同点のタッチダウン。27-27と試合を振り出しに戻した。勢いに乗るブラウンズとは対照的に追い詰められたレイブンズ。さらに残り56秒でパスをインターセプトされると、残り3秒ではフィールドゴールを狙われるピンチ。

絶体絶命の窮地を救ったのはブレント・アーバンだった。がむしゃらに伸ばした左手が相手のキックを叩き落とし、こぼれ球にウィル・ヒルが反応する。そのままヒルは64ヤード先のエンドゾーンまで駆け抜けた。

勝ちゲームの流れから一転。まさかの結末を迎えた試合に、「神はブラウンズが嫌いなんですか…」「オハイオ州に神はいないのか」「まったくもって信じられない終わり方だね。だからNFLが好きさ」「ブラウンズがブラウンズらしい結末を迎えたと言える」「なんてゲームだ!信じられない勝利」など多くのファンが驚いている。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top