【THE INSIDE】野球女子、中学野球部の指導現場を熱く語る 前篇 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE INSIDE】野球女子、中学野球部の指導現場を熱く語る 前篇

オピニオン コラム

【THE INSIDE】野球女子、中学野球部の指導現場を熱く語る 前篇
  • 【THE INSIDE】野球女子、中学野球部の指導現場を熱く語る 前篇
  • 【THE INSIDE】野球女子、中学野球部の指導現場を熱く語る 前篇
  • 【THE INSIDE】野球女子、中学野球部の指導現場を熱く語る 前篇
男女機会均等と言われて久しいが、かつては怖い男の先生が大声で選手をどやしつける光景が一般的だった中学・高校野球の現場。今は女性の指導者の姿を見かけるようになった。

埼玉県では川口市立芝中学校と戸田市立戸田中学校で、それぞれ女子体育教員が野球部顧問として指導している。若手女子教員たちの野球とのかかわり方、その縁、そして現場での苦悩と未来への展望を聞いた。

前篇は川口市立芝中学校の小池真理教諭。小学校では陸上競技に親しみ800mなどで活躍していたが、中学時代にソフトボールに触れる。横浜商科大高に進学後もソフトボール部を続け、将来は体育教員になりたいという想いから日本体育大に進学した。

日本体育大では、軟式野球部に誘われて女子軟式野球部に入部。高校時代から芽生えかけていた野球をやりたい気持ちをかなえた。その後は教員採用試験に挑戦し、埼玉県で採用された。芝中学校に赴任となり、野球部顧問を任されて3年目を迎える。

---:野球との関わりは、どこから始まっているのですか?

小池真理教諭(以下、敬称略):小学校の時には陸上競技をやっていたのですが、中学に進んだら陸上部がなかった。とりあえずソフトボール部に入ったというのが始まりでしょうかね。

---:そのまま高校でもソフトボールを続けていこうと?

小池:中学でやり切れていないな…という気持ちがあって、それで高校もソフトボールを続けようと思いました。まだそんなに女子野球が盛んという認識もなかったこともあり、ソフトボール部があったので、それで続けました。

---:その後ソフトボールに関わっていこうという意識はありましたか?

小池:高校でソフトボールを続けていた時から、いずれは野球をやりたいなという意識はできていました。父親も野球好きですしね。

---:母校の横浜商大高は高校野球でも強豪です。その野球部に対する意識はどうでした?

小池:そうですね、4軍当たりのヤツよりはうまいぞ、とは思っていました(笑)。

---:日本体育大への進学は、やはり体育の教員を目指したからですか?

小池:高校2年で体育大に行こうと決めていたのですが、大学では野球をやろうという気持ちになっていました。高校2年から予備校にも通っていました。先輩に日体大の軟式野球の人がいて「一度、練習に来てみたら?」と言われて。練習に参加してみたら、すごく楽しかったんですよ。それで決めました。

---:それで晴れ晴れと野球をやることになったのですね。

小池:4年間、伸び伸びやらせてもらえました。


川口市立芝中学校の小池真理教諭

---:そして中学校の教員に採用されました。最初に部活顧問として野球を見ることになりますよ、といった話はあったのですか?

小池:私の場合は、大学4年の時の軟式野球部の活動結果で特別選考というのがあって採用になりました。野球枠で採用になったのだと思います。ちょうど前の顧問の先生の異動もありました。それで芝中に赴任になりました。

---:初めて芝中のグラウンドへ出てみて、男子中学生の野球部の生徒たちと接してみて最初の印象はどうでした?

小池:私は中学生に対しての免疫が全然なかったので、どう接していいのかなと迷いました。ただ、私が大学でやっていた野球とは正反対だったので、もったいないなと思いました。

---:正反対というのは?

小池:女子の大学の軟式野球というのは、中学生男子より走るのも遅いし、投げる球も遅いのですが一生懸命やっていました。それが私が最初に見た中学生はまったく逆で、能力があるのに力を発揮していないと思いました。

---:部員たちと最初にやったことは何でした?

小池:一緒にプレーしました。

---:中学生の反応はどうでした?

小池:最初は「なんだ女かよ」みたいなところはありましたよ(苦笑)。

---:そこから一目置かせるように思わせるのは、どういうところからですか?

小池:向こうも興味は持っていたと思うですが、キャッチボールしたり、そういうところで積極的に向かっていきましたね。

---:比較的早くなじんでくれましたか?

小池:はい。私ともうひとり(野球部の顧問に)男の先生もいたのですが、比較的早い段階で、私が口を挟んでも生徒たちは聞いてくれるようになりましたね。

---:それは一緒にやって、プレーを見せたことも大きかったんでしょうね。

小池:そうだと思います。

【野球女子、中学野球部の指導現場を熱く語る 前篇 続く】
《手束仁》

編集部おすすめの記事

page top