【THE REAL】戦後8校目の選手権連覇へ…星稜高校を輝かせるラッキーボーイが貫く母校愛 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【THE REAL】戦後8校目の選手権連覇へ…星稜高校を輝かせるラッキーボーイが貫く母校愛

夢と希望を胸に抱いていた15歳の少年にとっては、残酷に響いた言葉だったはずだ。

オピニオン コラム
第94回全国高校サッカー選手権大会
  • 第94回全国高校サッカー選手権大会
  • 埼玉スタジアム2002 参考画像
  • 第94回全国高校サッカー選手権大会で星稜サッカー部はベスト4に進む
  • 第94回全国高校サッカー選手権大会で星稜サッカー部はベスト4に進む
夢と希望を胸に抱いていた15歳の少年にとっては、残酷に響いた言葉だったはずだ。

「悪いけど、君のことは取れないよ」

2012年7月。愛知県内のクラブチーム、FCフェルボールでプレーしていた中学3年生の加藤貴也は、星稜高校の練習会に参加した後に河崎護監督から不合格を告げられた。

■こういう集団のなかで高校サッカーがしたい

練習会とは、要はセレクションのこと。それでもあきらめ切れず、9月に再び練習会に臨むも河崎監督から同じ言葉をかけられる。失意のなかで、練習試合をしていた星稜のミーティングを偶然にも間近で聞いた。

星稜へ抱いてきた憧憬の思いが、抑えきれないほど大きくなるのを加藤は感じた。

「プレーのレベルもそうですけど、レベルの高い要求を言い合っていた。こういう集団のなかで高校サッカーがしたい、という思いがさらに強くなったんです」

京都サンガのユースのセレクションを受けるも、吉報は届かなかった。GK楢崎正剛(名古屋グランパス)らを輩出した奈良育英(奈良)も志望校のひとつにあげたが、自分に合っていないと最終的に判断した。

7歳上の兄が全国高校選手権出場も果たした、地元愛知の中京大中京への進学も考えたことがある。それでも、星稜のユニフォームを着てプレーする自分の姿が、最後には必ず脳裏に浮かんだ。

残された道は一般入試で入学すること。加藤の決意は、年が明けた2013年1月3日、愛知からわざわざ上京して向かった駒沢陸上競技場のスタンドで揺るぎないものとなる。

目の前では星稜が、全国大会の常連でもある青森山田(青森)に2対0で快勝していた。

「入学試験が2月1日だったんですけど、さらに受験勉強に熱が入りました」

■憧れの星稜サッカー部へ

結果はサクラサク。生まれ育った愛知県春日井市から石川県金沢市へ移り、憧れてきた星稜サッカー部の門を叩いた。果たして、セレクションで2度落とした中学生を河崎監督はしっかり覚えていた。

「加藤、と名前で呼ばれましたから」

もっとも、星稜には県内はもちろんのこと、県外からもセレクションを経た実力者たちが集ってくる。Jクラブ傘下のユースチームへの昇格がかなわず、ゼロからのスタートとして星稜を選ぶテクニシャンも少なくない。

軽く100人を超える大所帯のなかで、加藤は2年生までメンバーに名前を連ねることができなかった。その間、ゴールキーパーとセンターバックを除くほとんどのポジションを経験した。

「新人戦で優勝した後に悪ふざけをしたら、一番下のチームに落とされたこともありました。サッカーというよりは、監督のもとで人間性の部分を鍛えられました」

迎えた最後の年。2014年末に遭った交通事故の影響で河崎監督の不在が続くなかで、加藤はサイドバックの控えを務めていた。昨年9月に指揮官が復帰し、全国選手権出場をかけた県大会が始まっても状況は変わらない。

それでも、加藤は不断の努力を惜しまなかった。入学する前から、星稜のことは何でも知っていたからだ。

「監督は絶対にチャンスをくれる。僕が中学3年生のときも、県大会では起用していなかった選手が全国大会でプレーしている姿を見ていたので」


第94回全国高校サッカー選手権大会で星稜サッカー部はベスト4に進む

■突然のコンバート

順当に17年連続26度目の選手権出場を勝ち取り、登録メンバー発表を1週間後に控えた昨年12月のある日。加藤に突然のターニングポイントが訪れる。

「お前、フォワードをやってみろ」

紅白戦の途中に呼び出され、河崎監督から告げられたのは青天の霹靂にも映る最前線へのコンバート。小学生や中学校のときに経験したことがあるが、身長が166cmのいま現在では考えたこともない。

戸惑いと武者震いとを交錯させながら、加藤は記憶の糸を必死に手繰り寄せた。

「僕はけっこう怒られることが多かったので、また何かやっちゃったのかなと思って行ったんですけど。練習などで監督がフォワードの選手に与える指示を聞いていたので。こう動けばいいんだ、というのは何となく頭のなかにありました」

河崎監督自身も、2年ぶりに采配を振るう全国大会を勝ち抜くための武器を必死に探していた。9カ月あまりのブランクを経て、練習の指揮を執ったチームを河崎監督は星稜を「お子ちゃまチーム」と命名している。

「自分勝手なプレーばかりしていたんですよ。1年前にやっと(全国優勝することが)できたチームが、半年くらいでこんなにも変貌しているのかと。とにかくビックリしました」

4試合で23得点、無失点の貫禄勝ちで全国切符こそ手にしたが、30年を超える指導者人生で培った経験値が、現状のままでは選手権では通用しないと告げる。足りないピースを、河崎監督はフォワードに求めた。

「県大会はボールの収まらない、不器用なフォワードで戦いました。でも、全国大会モードになると、前から相手を追いかけないとロングボールを蹴られてしまう。ならば、貪欲に追いかけられるプレーヤーは誰だと探していたら、あの小さな加藤の動きが一番よかったんですね。12月に入ってからは、加藤が僕のなかではほぼレギュラーとなりました」

【星稜高校を輝かせるラッキーボーイが貫く母校愛 続く】
《藤江直人》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top