高橋尚子が「イルミネーションリレーマラソン」で参加者とハイタッチ | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

高橋尚子が「イルミネーションリレーマラソン」で参加者とハイタッチ

東京・国営昭和記念公園で12月26日に開催された「イルミネーションリレーマラソン in 国営昭和記念公園」の模様が公開された。

イベント スポーツ
高橋尚子が「イルミネーションリレーマラソン」で参加者とハイタッチ
  • 高橋尚子が「イルミネーションリレーマラソン」で参加者とハイタッチ
  • 高橋尚子が「イルミネーションリレーマラソン」で参加者とハイタッチ
東京・国営昭和記念公園で12月26日に開催された「イルミネーションリレーマラソン in 国営昭和記念公園」の模様が公開された。

イルミネーションリレーマラソンは、12月5日~12月27日にかけて国営昭和記念公園で行われた幻想的なイルミネーション「Winter Vista Illumination 2015」の一部がコースに組み込まれたマラソン大会。大会参加者は都内屈指のイルミネーションの中を駆け抜けた。

開催種目は「親子マラソン」と「リレーマラソン」。3歳~61歳まで約400名が参加した。親子マラソンには120名、リレーマラソンには280名が参加し、たすきをつないで絆を深めた。

ゲストにはシドニーオリンピック女子マラソン金メダリストの高橋尚子さんが登場。レース参加者とハイタッチを行って、声援を送った。高橋さんは「イルミネーションがとてもきれいで、寒い中にも温もりがあって雰囲気がいい」とコメント。

親子マラソンは家族で一緒に体を動かすことで思い出になり、親子の絆が深まると話し、「私が小さなころは親子で走るレースがなかったので、父親と電柱の間を走ったのをよく覚えている」と振り返った。

高橋さんはグアムインターナショナルマラソン2016のアンバサダーを務めている。同大会の魅力について、「金曜日の夜に出発し、日曜の朝にレースに出場。ショッピングや観光をして、月曜の朝には出勤することもできるので、家族で参加して、それぞれ思い思いの楽しみ方ができる」と語った。レース中のエイドステーションでバーベキューの肉が出るなど、グアムの大会らしさをアピールした。

グアムインターナショナルマラソン2016は、2016年4月10日に開催。種目は、マラソン、ハーフマラソン、10Kmラン、5Kmラン。申し込みは公式サイトや旅行代理店で行う。
《美坂柚木》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top