山本昌「星野監督はきつかった…新人の頃、まさかアメリカに置いていかれるとは」…裏話トーク(2) | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

山本昌「星野監督はきつかった…新人の頃、まさかアメリカに置いていかれるとは」…裏話トーク(2)

イベント スポーツ

インターネット番組『Timely! CHANNEL LIVE』ゲスト 山本昌氏(2017年1月23日)
  • インターネット番組『Timely! CHANNEL LIVE』ゲスト 山本昌氏(2017年1月23日)
  • インターネット番組『Timely! CHANNEL LIVE』ゲスト 山本昌氏(2017年1月23日)
  • インターネット番組『Timely! CHANNEL LIVE』ゲスト 山本昌氏(2017年1月23日)
  • インターネット番組『Timely! CHANNEL LIVE』ゲスト 山本昌氏(2017年1月23日)
  • インターネット番組『Timely! CHANNEL LIVE』ゲスト 山本昌氏(2017年1月23日)
  • インターネット番組『Timely! CHANNEL LIVE』ゲスト 山本昌氏(2017年1月23日)
  • インターネット番組『Timely! CHANNEL LIVE』ゲスト 山本昌氏(2017年1月23日)
  • インターネット番組『Timely! CHANNEL LIVE』ゲスト 山本昌氏(2017年1月23日)
中日ドラゴンズ、オリックスブルーウェーブ、楽天ゴールデンイーグルスで活躍した元プロ野球選手の山崎武司氏(※)がホストを務めるインターネット番組『Timely! CHANNEL LIVE』が1月23日、東京都内のスタジオで生放送された。

同番組は元プロ野球選手をゲストに迎え、これまでの野球人生について裏話を含めた深いトークを展開。第4回目となった放送では、中日ドラゴンズで長きにわたってチームメートであり、公私にわたって親交のある山本昌氏をゲストに迎えた。

山本氏は2015年に史上初の50歳登板を果たしたほか、3度の最多勝、41歳でのノーヒットノーラン、通算200勝など数々の記録を打ち立てたプロ野球界のレジェンドの中のレジェンドだ。

※「崎」は正しくは「たつさき」


■プロ入り1年目のキャンプは、あの三冠王と同じ部屋に

山崎氏はプロ入り1年目の沖縄キャンプを振り返る。

「誰と同じ部屋になったと思いますか?」と問いかけた後、「一緒の部屋になった先輩は…落合博満さん。私、(プロ入り)1年生ですよ。向こうは三冠王ですよ」と語るとスタジオもどよめく。これに対して、「その時のマネージャーはすごいよね。18歳の少年を三冠王と同じ部屋にするなんて」と返す山本氏。

山崎氏は「毎日、使い走りでコンビニに行っていました」「落合さんと同じ部屋っていうのは、(当時中日の監督だった)星野さん(星野仙一氏)の指示だったかと思いますが…」と懐かしんだ。

厳しい先輩との日々が、プロで長年やれた秘訣と語る山崎氏

また、二人の会話は当時のキャンプの壮絶さに言及。山本氏は「先輩が寝るまでは寝れないし、朝起きてもトイレも入れないしね。(宿泊施設の)ロビーまで行ってトイレに入ったりしていた」と当時の厳しさを振り返り、山崎氏は「だからこそ、(山本昌さんが)30年、(自分も)20年以上プロ野球選手をやってこれた」と語った。

「昔の選手は、厳しい先輩の存在があって精神修行ができた。今はできない。キャンプで部屋も一人部屋が普通になっているしね。だから、せっぱつまった時に、『はいや~めた』ってなってしまう」とし、精神修行の必要性を説いた。

また、昔はよく先輩にご飯に連れていってもらったという二人。山本氏は「小松辰雄さん(元中日ドラゴンズ 投手)にはすごく助けてもらった。3日に1回はご飯に連れていってもらっていたよね。小松さんは誘い上手だったよな~」と懐かしんだ。

これを受けて山崎氏は、「今は後輩をご飯に誘っても断られるんじゃないかって思ってしまう。だから、誘いにくくなる」と時代の違いを語った。

■星野監督の時はきつかった…アメリカに置いていかれた

山本氏とキャンプといえば、88年のエピソードがあまりにも有名。星野監督が就任2年目の時、山本は米・フロリダ州ベロビーチにキャンプ地があるドジャースに派遣された。

当時の状況について山本氏は、「星野監督の時はきつかった…アメリカに行って、アメリカにそのまま残されたの。まさか本当にフロリダに置いていかれるとは…。でも、そのおかげでスクリューボールを覚えて世に出るわけなんですけれども」と当時をしみじみと振り返った。

山本氏は当時、ドジャースのオーナー補佐で星野監督と親交があったアイク生原(生原昭宏)氏と出会い、当時日本では誰も投げていなかったスクリューボールを習得した。その後、スクリューボールは山本氏の代名詞となり、多くの勝ち星を積み上げていくことになる。

山本氏は、アメリカで多くの試合に出て経験を積めたことがその後につながったと語る。「日本は当時、2軍は80試合ぐらいしかなかった。アメリカは150試合を25人でやっていた。だから、否応なしに試合に出れた。あれで経験を積めましたね。ナイターにも慣れたし」と振り返り、「日本の選手でナイター慣れできずにつぶれちゃった選手けっこういるんじゃないかな」と続けた。

このアメリカでの山本氏のエピソードを受けて山崎氏は、「実は僕はプロ1年目でアメリカ留学に行っている。アイク生原さんも僕の方が出会いは先ですから」とし、「どういう教育をしたら、こんな性格になるんだって(アイク生原さんに)言われました…笑」と自虐ネタで対抗していた。

裏話トーク(3)に続く

インターネット番組『Timely! CHANNEL LIVE』のアーカイブ動画はログイン不要で無期限に視聴可能。
『Timely! CHANNEL LIVE』

■Timely! CHANNEL LIVE
動画サイト『Timely! CHANNEL』の野球生番組。スポーツコメンテーター山崎武司をホストに迎え、ゲストとともに現役時代や高校時代のエピソードを語る番組。これまでのゲストは第2回野村弘樹、第3回岩村明憲。第4回山本昌。
《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top