ホノルルマラソン2015、男女3位までケニア勢が独占 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ホノルルマラソン2015、男女3位までケニア勢が独占

イベント スポーツ

ホノルルマラソン2015、男女3位までケニア勢が独占
  • ホノルルマラソン2015、男女3位までケニア勢が独占
  • ホノルルマラソン2015、男女3位までケニア勢が独占
  • ホノルルマラソン2015、男女3位までケニア勢が独占
JALホノルルマラソン広報事務局は、ホノルルマラソン2015の大会結果を発表した。

現地時間12月13日午前5時にスタートした2015年のホノルルマラソン。今年は天候にも恵まれ、クリスマスイルミネーションに彩られたダウンタウンや、ダイヤモンドヘッド付近での美しいコースを楽しみながらのレースとなった。車いす部門除くエントリーは3万783人(日本人1万2532人)。

フルマラソンは男女3位までケニア勢が独占。男子は2時間11分43秒で、フェリックス・キプチルチル・キプロティッチが初優勝。女子はジョイス・チェプクルイが連覇。タイムは2時間28分34分だった。

日本人男子トップは2時間28分42秒の高橋幸二さん。「30km地点の苦しい時に、ハワイの素晴らしい景色が見えて元気をもらった。今後の目標は2時間21分を切って、東京マラソンのエリート枠で参加できるようなりたい」とコメント。

日本人女子トップは2時間47分43秒の鈴木絵里さん。「気温と湿度が高かったので、4分ペースで抑えていこうと思った。昨年も日本人女子トップだったので今年も狙っていたが、結果を聞くまで気づかなかった。トップになれてすごくうれしい」と語った。

車いす競技部門男子は1時間33分12秒で副島正純さんが3連覇。通算9度目の優勝に輝いた。今後は「来年のリオ五輪に出たいし、メダルも狙いたい」と意気込みを見せる。

同時開催のレースデーウォーク(10km)は、2811名(日本人2145名)が参加。仮装コンテストでは最優秀賞を、結婚50周年(金婚式)の夫婦と孫で参加したグループが受賞した。

■ホノルルマラソン2015大会結果
●フルマラソン男子
・1位(総合1位)
フェリックス・キプチルチル・キプロティッチ(ケニア)2時間11分43秒
・2位(総合2位)
ウィルソン・チェベト(ケニア)2時間12分46秒
・3位(総合3位)
ダニエル・リモ(ケニア)2時間13分24秒

●フルマラソン女子
・1位(総合7位)
ジョイス・チェプクルイ(ケニア)2時間28分34秒
・2位(総合9位)
ルーシー・カリミ(ケニア)2時間28分55秒
・3位(総合10位)
イザベラ・オチチ(ケニア)2時間29分44秒

●フルマラソン日本人トップ
・男子:総合8位・男子7位
高橋幸二(千葉陸協)2時間28分42秒
・女子:総合28位・女子7位
鈴木絵里(能代山本陸協)2時間47分43秒
《美坂柚木》

編集部おすすめの記事

page top