香川真司、マンUで学んだのは「いかに自分を信じ、結果を残し続けるか」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

香川真司、マンUで学んだのは「いかに自分を信じ、結果を残し続けるか」

スポーツ 選手

マンチェスター・ユナイテッド時代の香川真司 参考画像(2014年8月2日)
  • マンチェスター・ユナイテッド時代の香川真司 参考画像(2014年8月2日)
  • マンチェスター・ユナイテッド時代の香川真司 参考画像(2014年1月5日)
  • 香川真司 参考画像(2015年11月8日)
  • 香川真司(中央/2015年11月8日)
現在ドイツ・ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントでプレーする、日本代表MF香川真司。2012年から2シーズン、イングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドに所属した。

途中で監督が替わったこともあり、マンチェスターUやイングランドへの順応に苦しんだが、イングランドに行ったからこそ学べたこともあると、当時の記憶を振り返りながら語った。

「最高の能力と自分自身を信じて、それをピッチで表現する。とんでもないプレッシャーの中で戦うわけだから、いかに自分を信じて自分の才能を信じて、それをピッチで表現して結果を残せるか。残し続ける選手が世界のビッグクラブのビッグプレーヤーであって、そのためには個人の能力、スキル、フィジカル、メンタリティー。すべてにおいて高いレベルでないと、ああいうところでは戦っていけない」

マンチェスターUでプレーした印象は、「世界中から注目される、すごい大きなクラブだとあらためて感じた。あそこに行かなければ経験できないことがたくさんある」と述懐。得がたい経験をしたという。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top