青木宣親、マリナーズ入団会見「シアトルにはコーヒーを飲みに…」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

青木宣親、マリナーズ入団会見「シアトルにはコーヒーを飲みに…」

MLBのシアトル・マリナーズは12月3日、元ジャイアンツの青木宣親外野手と1年550万ドル(約6億7000万円)プラス出来高払いで契約したと発表した。2年目は年俸600万ドル(約7億4000万円)のオプションになる。

スポーツ 選手
青木宣親 参考画像(2015年8月28日)
  • 青木宣親 参考画像(2015年8月28日)
MLBのシアトル・マリナーズは12月3日、元ジャイアンツの青木宣親外野手と1年550万ドル(約6億7000万円)プラス出来高払いで契約したと発表した。2年目は年俸600万ドル(約7億4000万円)のオプションになる。

両者は2日に契約合意していたが、脳震とうのため今シーズン途中からリハビリを続けていた青木は、入念なメディカルチェックをパスする必要があった。晴れて正式契約となった青木は、入団会見で「シアトルにはコーヒーを飲むためと、ワールドシリーズで勝つために来ました」と発言。球団の本拠地シアトルが、スターバックス創業の地であることにかけたジョークだ。

会見に同席したマリナーズのジェリー・ディポートGMは、「多芸で精力的なプレーヤーの青木は、我々のチームに合致する」とコメントした。

青木の入団発表に地元シアトルのファンは、「健康でさえいればマリナーズのためにやってくれるはず。ジャイアンツでは良い活躍を見せていたしね。慎重かつ楽観的な見方をしてるよ」「毎年.280の後半で安定してる。驚くべき一貫性」「青木は怪我をするまでジャイアンツの素晴らしいリードオフマンだった。なぜ彼のオプションを破棄したのか分からないね。健康には問題ないみたいだし」との反応だ。

イチローの活躍により日本でも知名度が高いマリナーズ。馴染み深い球団との契約に日本のファンからは、「日本でも人気がある球団だしよかったんじゃない。これで岩隈も残るとなおいい」「岩隈も複数年で残ってくれたら楽しみが増える」などの声が寄せられている。

地元紙『シアトル・タイムズ』は青木の起用について、「おそらく打順は1番に置かれるだろう。守備ではレフトの位置から、ライトを守るセス・スミスを見る時間が多くなるはずだ。しかし、青木は外野3ポジションどこでも平均レベルにはこなせる」と予想した。

The #Mairners have signed outfielder Nori Aoki to a one-year deal with an option for 2017. He will be introduced in a press conference at 4 p.m., live on Mariners.com.

Posted by Seattle Mariners on 2015年12月3日
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top