2020東京でビーチバレー会場の品川…坂口佳穂「移動でよく使う街」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

2020東京でビーチバレー会場の品川…坂口佳穂「移動でよく使う街」

スポーツ 短信
2020東京でビーチバレー会場の品川…坂口佳穂選手も登場
  • 2020東京でビーチバレー会場の品川…坂口佳穂選手も登場
  • 2020東京でビーチバレー会場の品川…坂口佳穂選手も登場
  • 2020東京でビーチバレー会場の品川…坂口佳穂選手も登場
  • 2020東京でビーチバレー会場の品川…坂口佳穂選手も登場
  • 2020東京でビーチバレー会場の品川…坂口佳穂選手も登場
  • 2020東京でビーチバレー会場の品川…坂口佳穂選手も登場
  • 2020東京でビーチバレー会場の品川…坂口佳穂選手も登場
  • 2020東京でビーチバレー会場の品川…坂口佳穂選手も登場
品川区は11月28日、「わ!しながわ」トークショーを開催した。イベントには品川区長の濱野健氏、品川区議会議長の大沢真一氏、ビーチバレーの坂口佳穂選手が参加した。

「わ!しながわ」は、品川区が取り組む事業のひとつ。坂口選手は、ビーチバレー競技が2020年東京五輪で品川区にて行われることにちなんで参加した。

濱野区長は、「この度、『わ!しながわ』というキャッチコピーを決めまして、これを広げていきます。品川は非常に交通の便が良いです。約40の駅がありまして、歴史や文化を感じる街並みもあり、商店街、住宅街、水辺もある。多面的な品川区をどうプロモートしていくか、ということでコピーを考えました」と話す。

「キャッチコピーは全国から約700件の応募がありました。内容はどれかひとつに絞るのではなくて『わ!しながわ』。ここに言葉をみなさまにつないでいただけばと思います」

「いま、サウンドも制作をしています。「わ」というのは女性でも、合唱でも、インパクトのあるサウンドができると思います。その「わ」に続けて感じてもらえる品川を打ち出していきたいと考えています。これからこのキャッチを広げていきたいと思います」とした。

大沢氏は「いよいよ始まったな、とかんじております。「わ」ではじまって「わ」で終わる。どきどきするようなキャッチであります」とコメント。

坂口選手は「よく大学への移動のさいに大井町へ来て、買い物などしているので、お呼びいいただいて光栄です」とした。
《編集部》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top