森喜朗氏「五輪開催へ、準備もオールジャパンで」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

森喜朗氏「五輪開催へ、準備もオールジャパンで」

11月27日、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の準備、運営推進を図る基本方針が閣議決定された。これに伴い、担当の遠藤利明大臣を中心に、関係自治体が連携を強化するための連絡協議会が設置された。

スポーツ 短信
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長
  • 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長
  • 遠藤利明大臣(左)、森喜郎会長
  • 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会、第一回連絡協議会
  • 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会、第一回連絡協議会
  • 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会、第一回連絡協議会
11月27日、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の準備、運営推進を図る基本方針が閣議決定された。これに伴い、担当の遠藤利明大臣を中心に、関係自治体が連携を強化するための連絡協議会が設置された。

都内で開催された第1回目の連絡協議会には、遠藤大臣、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長ほか、舛添要一東京都知事ら7知事、4市長が意思表示を行った。

(森喜朗会長)

お忙しい中ありがとうございます。本日の連絡協議会は新しいスタートになると思っています。

会場問題などでは、できる限り経費をかけない、そしてレガシーを残そうということで、東京都には大変予算の面もかかります中で、東京近県の皆様にご協力いただこうということで、お願いいたします。

IOCが新しいアジェンダ2020を作りました。IOCから近県の会場運営サポートの重要性が説かれております。

埼玉などのアリーナについて視察の際には、大変素晴らしいとおっしゃっていました。幕張におきましては「こんなに良い建物をなぜ隠していたんだと」と話され、「これは東京都ではないのです」などと意見交換をしました。

また、これからの苦労を分かち合うという意味では、いまは舛添さんに背負ってもらっていますが、仲間ができたということで嬉しい限りです。

東京近県の皆様にもご協力いただくことが多いと思います。心からご協力をお願いしたい次第です。

来年夏、リオが終わりまして、いよいよ東京大会のスタートとなります。私、誘致の時から、オールジャパンで行こうということを申し上げておりまして、この仲間で今日から始まります。心からお礼を申し上げます。
《編集部》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top