FA宣言の今江敏晃、楽天との初交渉を終えて「燃えるものがある」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

FA宣言の今江敏晃、楽天との初交渉を終えて「燃えるものがある」

スポーツ 選手
野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
ロッテから海外フリーエージェント権を行使した今江敏晃内野手が11月17日、楽天との初交渉に臨んだ。

交渉には、楽天の星野仙一球団副会長も出席。今江は交渉後、「野球人として大先輩の星野さんに来ていただいて嬉しかった」と語った。「楽天さんから話をいただいて燃えるものがある」と入団に対して前向きな姿勢を見せていた。

これを受けてファンからは、「これが本当に今江の望んでいたことなのだろうか。ロッテにいた方が良かったのではないか」「楽天ファンとしては歓迎。でも、ロッテのイメージが強い選手だから違和感あるな」「恋人と別れて、改めてその良さに気づいた…なんてことになりそうだけど」「もし入団したら、楽天は若手が多いから引っ張ってほしいね」などさまざまな声が寄せられていた。

現段階で今江獲得に手を挙げているのは楽天のみ。ロッテはFA宣言を行使しての残留を認めていないこともあり、楽天・今江誕生の可能性は高まっている。
《浜田哲男》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top