ヤクルト喜び一転、当たりクジは勘違い…明大・高山俊は阪神が交渉権を獲得 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

ヤクルト喜び一転、当たりクジは勘違い…明大・高山俊は阪神が交渉権を獲得

スポーツ 短信
野球 イメージ(c)Getty Images
  • 野球 イメージ(c)Getty Images
プロ野球ドラフト会議が10月22日に行われた。ヤクルトは事前の予告通り、1巡目で明治大学の高山俊外野手を指名。阪神との競合になった抽選は思わぬ事態が起こった。

クジを引いたヤクルトの真中満監督は高々と手を挙げ、会場の誰もが独占交渉権の獲得を疑わなかった。明大の合宿所でドラフトの様子を見ていた高山もヤクルト行きを確信しただろう。

だが後に交渉権獲得は勘違いであり、実際にクジを引き当てたのは阪神だったことが分かる。真中監督は勘違いの理由を「クジにNPBのマークがあったので…」と説明。阪神の金本監督は「ビデオ判定がホームランに覆った」と驚きを表現した。

この結果に野球ファンは、「本人が翻弄されてかわいそうだった気がする」「真中監督は恥ずかしいだろうな」「真中監督をいじり倒す金本監督に逆に優しさを感じた」「これ前もあった。白紙とマークの付いた紙だけにすればいい」「真中さんが勘違いした上に、金本さんもクジの中を見ていなかったのが原因」「ちょっとハプニングがあったみたいですが、金本新監督は最初の大仕事に成功しましたね」などの声を寄せている。

喜びから一転、勘違いが発覚したヤクルトは、外れ1位で東洋大学の原樹理を指名した。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top