【世界陸上2015】フレーザープライス貫禄の金、女子100メートル連覇 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【世界陸上2015】フレーザープライス貫禄の金、女子100メートル連覇

陸上の世界選手権は8月24日に女子100メートル決勝が行われ、ジャマイカのシェリー=アン・フレーザー=プライスが10秒76で優勝した。

スポーツ 短信
女子100メートル決勝が行われ、ジャマイカのシェリー=アン・フレーザー=プライスが10秒76で優勝した。(c)Getty Images
  • 女子100メートル決勝が行われ、ジャマイカのシェリー=アン・フレーザー=プライスが10秒76で優勝した。(c)Getty Images
  • 女子100メートル決勝が行われ、ジャマイカのシェリー=アン・フレーザー=プライスが10秒76で優勝した。(c)Getty Images
  • 陸上競技 イメージ
陸上の世界選手権は8月24日に女子100メートル決勝が行われ、ジャマイカのシェリー=アン・フレーザー=プライスが10秒76で優勝した。

五輪連覇、世界選手権では前回2013年のモスクワ大会で100メートル、200メートル、4×100mリレーの短距離3冠を達成している女王フレーザー=プライス。

スタートで勢いよく飛び出すと60メートル過ぎからは独走、ひとり旅で最後は右手を突き上げながらゴールした。

影も踏ませなかった3連覇に、「フレーザープライス速すぎい。シパーズの後半もえぐかった」「フレーザープライスやっぱ強ええ」「フレーザープライス強すぎるなこれは」「フレーザープライスかっこよすぎた! 二位のシパーズはまだまだ速くなりそうで楽しみ」「女子の100mはフレーザープライスか! やっぱり圧倒的すぎる」など驚きの声が挙がっている。

2位にはスタートで出遅れたが、後半の加速でフレーザー=プライスを追い上げたオランダのダフネ・シパーズが入った。シパーズは2014年に200メートルで22秒03のシーズン世界最高記録を出しており、今シーズンも7月に22秒09で走っている。

200メートルも目が離せないレースになりそうだ。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫貴重な水着ショットも披露!「もはや高校生には見えない」大人っぽい池江璃花子、沖縄・石垣島の海を満喫

≫ケンブリッジ飛鳥と滝沢カレンが似てる?リオ五輪時から密かに話題だった

≫レアル所属・中井卓大ってどんな選手?…「リアルキャプテン翼」と呼ばれた少年時代

編集部おすすめの記事

page top