【ツール・ド・フランス15】フルームの走行パワーデータ公開…ドーピング疑惑払拭のため | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツール・ド・フランス15】フルームの走行パワーデータ公開…ドーピング疑惑払拭のため

イベント スポーツ

クリストファー・フルーム(2015年7月17日)
  • クリストファー・フルーム(2015年7月17日)
  • クリストファー・フルームがツール・ド・フランス第10ステージで優勝(2015年7月14日)
  • クリストファー・フルームがツール・ド・フランス第10ステージで優勝(2015年7月14日)
  • クリストファー・フルーム(2015年7月20日)
イギリスのスカイは、マイヨジョーヌのクリストファー・フルームに対する根拠のないドーピング疑惑を払拭するため、2015年ツール・ド・フランス第10ステージでのフルームのパワーデータを7月21日に公開した。

ツール2度目の休息日だったこの日。データは記者会見で公開され、その後チームの公式サイトにも掲載された。

フルームは第10ステージのラ・ピエール・サン・マルタンの頂上ゴールを制し、ライバルたちとのタイム差を大きく開いた。その後、一部のメディアがフルームのドーピングを疑い、観客がレース中のフルームにヤジを飛ばしたり、尿をかけたりするアクシデントも起こっていた。

チーム代表のデイブ・ブレイルスフォードは、「具体的な数字と事実を伝えたいと我々は考えた。終わりのない議論にこれ以上かかわるつもりはない。我々は情報を提供し、レースを続け、必要であればツール後に対応する」と問題の収束を図っている。

公開されたフルームのパワーデータは以下の通り。

●第10ステージのラスト15.3kmの分析
タイム:41分28秒
平均パワー:414W
平均登坂速度(VAM):1602(1時間で上れる標高差)
フルームの体重:67.5kg
補正後の上り全体でのパワーウェイトレシオ:5.78w/kg

※フルームは楕円チェーンリングを使用しているため、パワーメーターの数値が約6%増える誤差が生じる。データはこの誤差を補正したものである。

ギア:前52-38/後11-28
平均ケイデンス:97rpm
平均心拍数:158
最大心拍数:174

●アタック中のパワー分析
期間:24秒
平均パワー:556W
最大パワー:929W
10秒間の平均パワー:652W
平均ケイデンス:102rpm
平均速度:25.3km/h
最高速度:27.7km/h
アタック前4分間の平均パワー:449W(18.2km/h、1777VAM、勾配9.8%、94rpm)
アタック後4分間の平均パワー:435W(20.4km/h、1714VAM、勾配8.4%、103rpm)

※最初のアタック後もフルームは集団を引き離し続けたが、パワーと平均登坂速度(VAM)はアタック前よりも下がっている。

●過去のフルームのパフォーマンスとの比較

30分間の平均パワー:419W

フルームは、過去4年間のレースとトレーニングで16回この水準(最大10%)を上回っている。

60分間の平均パワー:366W

フルームは、過去4年間のレースとトレーニングで15回この水準を上回っている。

●第12ステージ、プラトー・ド・ベイユとの比較。先頭集団には9選手がいた。

30分間の平均パワー:414W(-5W)
60分間の平均パワー:373W(-7W)
《》

編集部おすすめの記事

page top