【ツール・ド・フランス15】35歳のプラサ、親友コスタに捧げる勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【ツール・ド・フランス15】35歳のプラサ、親友コスタに捧げる勝利

イベント スポーツ
ツール・ド・フランス第16ステージでルーベン・プラサが優勝(2015年7月20日)
  • ツール・ド・フランス第16ステージでルーベン・プラサが優勝(2015年7月20日)
  • ツール・ド・フランス第16ステージでルーベン・プラサが優勝(2015年7月20日)
  • ツール・ド・フランス第16ステージでルーベン・プラサが優勝(2015年7月20日)
2015年ツール・ド・フランス、7月20日の第16ステージ。35歳のベテラン、スペインのルーベン・プラサ(ランプレ・メリダ)が逃げ集団からのアタックを成功させ、独走勝利をつかんだ。

最後のダウンヒル区間ではペーター・サガン(ティンコフ・サクソ)が猛追を見せたが、プラサは上りで築いたリードを守り、グランツールでは10年ぶりとなる通算ステージ2勝目を飾った。

昨年オフにモビスターからランプレ・メリダに移籍したプラサ。その1年前に同じくモビスターから移籍し、第11ステージでリタイアしたチームメイトで前ロード世界王者ルイ・コスタにこの勝利を捧げた。

「ルイ・コスタのリクエストでランプレに加入したんだ。この勝利を家族だけでなく、ルイにも捧げる。彼のリタイアは、チームにとってつらい打撃だったんだ」

「35歳になると、25歳のときよりも勝利の価値を理解できる。前回のグランツールの勝利は2005年のブエルタで、タイムトライアルだった。こういうステージでも勝ててうれしいよ」

「サガンが迫ってきているのも、彼が下りが得意なのもわかっていた。でも、僕は峠の頂上で十分なリードを築いていた。約50秒だ。慌てなかったよ。終盤、ホイールが滑ってちょっと恐かったけど、切り抜けた。全開でフィニッシュしたけど、トラブルを避けるために少しマージンを残していた。とてもうれしいよ」
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top