【自転車ロード】クリテリウム・デュ・ドーフィネ15 バンガーデレン、第5の男に名乗り「フルームは無敵じゃない」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【自転車ロード】クリテリウム・デュ・ドーフィネ15 バンガーデレン、第5の男に名乗り「フルームは無敵じゃない」

スポーツ 短信
2015年クリテリウム・デュ・ドーフィネ第8ステージ、クリストファー・フルーム(チームスカイ)が総合優勝
  • 2015年クリテリウム・デュ・ドーフィネ第8ステージ、クリストファー・フルーム(チームスカイ)が総合優勝
  • ティージェイ・バンガーデレン(BMCレーシング)
フランスの2015年クリテリウム・デュ・ドーフィネ、6月14日の最終第8ステージでアメリカのティージェイ・バンガーデレン(BMCレーシング)はクリストファー・フルーム(チームスカイ)に逆転を許し、僅差でリーダージャージを手放した。

しかし、バンガーデレンはドーフィネを通じて健闘し、ツール・ド・フランスに向けてフルーム、アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)、ビンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ)、ナイロ・キンタナ(モビスター)の優勝候補4人に続く第5の男として名乗りを挙げた。

「正直、簡単だとは予想していなかった。すごく厳しかったよ。フルームは戦術的にうまく走っていた。僕がリズムをキープするのが得意なのを知っていたから、彼は完璧なタイミングで僕にアタックした。最後の僕みたいに周りを見回し始めるのは、けっしていい兆候じゃないね」

「ほんの一瞬で、差をつめるのが苦しくなった。我慢しようとしたけど、フルームに5m与えたら引き戻すのは難しいんだ。クリスはすばらしい選手だ。このスポーツでたくさん勝っているし、すでにツールも勝った。もちろん倒すのは難しいけど、彼が無敵でないことが、今週僕たちにはわかったよ」

「僕はレベルをステップアップし、少し戦略をめぐらす必要がある。このレースでは僕だけが彼と戦ったように見えたけど、他の選手もいて混戦だった。それで状況が変わったし、ツールではさらにライバルが増えるだろう」
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top