【自転車ロード】ドーフィネ第7ステージ、フルームが本領発揮し頂上ゴール制覇 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【自転車ロード】ドーフィネ第7ステージ、フルームが本領発揮し頂上ゴール制覇

スポーツ 短信
クリストファー・フルーム 参考画像(2015年1月11日)
  • クリストファー・フルーム 参考画像(2015年1月11日)
  • クリストファー・フルーム(チームスカイ)
  • ティージェイ・バンガーデレン(BMCレーシング)
  • 2015年クリテリウム・デュ・ドーフィネ第7ステージ
  • 2015年クリテリウム・デュ・ドーフィネ第7ステージ
  • 2015年クリテリウム・デュ・ドーフィネ第7ステージ
フランスの2015年クリテリウム・デュ・ドーフィネ、6月13日の第7ステージはモンメリアン~サン・ジェルベ・モンブラン間の155km。2013年ツール・ド・フランス王者のイギリスのクリストファー・フルーム(スカイ)が本領発揮し、頂上ゴールを制覇した。

この日は、5つの1級山岳がそびえる今大会最難関ステージ。4km地点で14選手が逃げ、この中で山岳賞ジャージのダニエル・テクレハイマノ(MTNクベカ)が山岳ポイントを加算していく。

その後、ピエール・ローラン(ヨーロッパカー)らが追走して合流。レース半ばで逃げ集団は26人に膨れ上がり、75km地点で最大4分のタイム差を開く。

メイン集団はスカイがコントロール。ステージ後半、逃げ集団の中ではさらにアタックが起こり、38kmでダニエル・ナバーロ(コフィディス)とリカルド・ツォイドル(トレック)のふたりが先頭に立つ。

しかし逃げていた選手は最後の上りで吸収され、残り3.5kmでフルームとティージェイ・バンガーデレンがアタック。一方、リーダージャージのビンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ)は遅れる。

さらに残り1.5kmでフルームがバンガーデレンを引き離し、独走でステージ優勝を飾った。2位はバンガーデレンで17秒差、3位は逃げ集団から粘ったルイス・メインチェス(MTN)で41秒差だった。

また最後にニーバリが約4分遅れたことで、リーダージャージはバンガーデレンが再び獲得した。
《》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top