【プロ野球】ロッテ、広島との乱打戦を制して3カード連続の勝ち越し! | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【プロ野球】ロッテ、広島との乱打戦を制して3カード連続の勝ち越し!

スポーツ 短信

鈴木大地(2015年5月28日)
  • 鈴木大地(2015年5月28日)
ロッテは5月28日、マツダスタジアムで広島と対戦。初回から点の取り合いとなるなど激しい乱打戦となった試合は、ロッテが12-10で勝利した。

ロッテは同点で迎えた6回に猛攻。クルーズの本塁打で勝ち越した後、代打・福浦和也の適時打で追加点。その後も打線がつながり一挙に7点を奪った。広島も8回に怒涛の反撃を見せて7点を奪うもあと一歩およばなかった。

これに対して、「さすが福浦!仕事人だね」「広島の反撃もすごかったけど、そもそも点を取られ過ぎ…」「広島はなかなか波に乗り切れないな」「野村が6回10失点とか、まずいだろ。先発投手陣がしっかりしないと」など、広島の戦いぶりを嘆くファンの声が多く寄せられていた。

ロッテは3カード連続の勝ち越しを決め、借金は1に。広島は5カード連続負け越しで借金8となった。

【5月28日 M12-10C】終盤に猛追されるも最後は西野投手が締め11セーブ目!清田選手が3安打2打点、鈴木選手が3安打1打点の活躍を見せるなど、15安打12得点で打撃戦を制しています!唐川投手は5回3失点で2勝目を挙げています。▼本日の成績はこちらhttp://www.marines.co.jp/gamelive/stats/2015052801/#chibalotte

Posted by 千葉ロッテマリーンズ on 2015年5月28日
《浜田哲男》

編集部おすすめの記事

page top