【セリエA】コッパで惜敗したラツィオ、ローマとの直接対決に備える | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【セリエA】コッパで惜敗したラツィオ、ローマとの直接対決に備える

スポーツ 短信

コッパ・イタリア決勝で、ユベントスに1-2と敗れ2年ぶりの優勝を逃したラツィオ(c)Getty Images
  • コッパ・イタリア決勝で、ユベントスに1-2と敗れ2年ぶりの優勝を逃したラツィオ(c)Getty Images
5月20日に行われたコッパ・イタリア決勝で、ユベントスに1-2と敗れ2年ぶりの優勝を逃したラツィオ。延長戦までもつれる激闘を演じたが、あと1歩で栄冠を逃した。

チームを率いるステファノ・ピオリ監督は、「大事なところであと1歩ゴールに届かなかった」と、敗れた試合を振り返った。

「私もマッシミリアーノ・アッレグリと同意見だと言わざるを得ない。2つのチームが良いプレーをして、最後まで必死に戦った好ゲームだった。我々もピッチのあらゆる場所で戦ったが、残念ながら最も重要な場面であと1歩ゴールに届かなかった。決定的な場面で2度ポストを叩いた。だが試合を通して、ユベントスと互角に戦うことはできていた」

現在セリエAで3位につけるラツィオ。勝ち点1差で争っている2位ローマと、リーグ第37節で直接対決が待っている。

回復期間が短くラツィオには厳しいが、ピオリ監督は「勝てる力があることは、今夜の試合で見せることができた」と話し、選手たちを信じ試合に臨む構えだ。

《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top