【欧州チャンピオンズリーグ】ユベントスのアッレグリ監督「決勝進出に相応しいチーム」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【欧州チャンピオンズリーグ】ユベントスのアッレグリ監督「決勝進出に相応しいチーム」

スポーツ 短信
【欧州チャンピオンズリーグ】レアル・マドリード対ユベントス(2015年5月13日)
  • 【欧州チャンピオンズリーグ】レアル・マドリード対ユベントス(2015年5月13日)
  • 【欧州チャンピオンズリーグ】レアル・マドリード対ユベントス(2015年5月13日)
  • アルバロ・モラタ(2015年5月13日)
  • 【欧州チャンピオンズリーグ】レアル・マドリード対ユベントス(2015年5月13日)
5月13日に行われた欧州チャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグ。ユベントス(イタリア)はレアル・マドリード(スペイン)に敵地で引き分け、12シーズンぶりの決勝進出を決めた。

試合前はレアル有利の下馬評が多かった試合。だがユベントスはホームで行われた第1戦に2-1で勝利すると、第2戦も後半にアルバロ・モラタの同点ゴールで追いつき、2戦合計3-2で勝ち抜けた。

この結果にユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、「難しい試合だった。レアル・マドリードは高い攻撃力を持つチームだからね」と、試合後の会見で胸を撫で下ろした。

「90分を通して注意を払わなければ、すぐにゴールを許してしまう。選手たちはうまく守ってくれた。後半は良い試合ができた。特に同点に追いついてからは多くのチャンスを作った。だがラストパスやフィニッシュをミスした。しかし全体を通し、我々は決勝進出に相応しいチームだったと言いたい」

決勝はバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)を撃破したバルセロナ(スペイン)との対戦が決まっている。リオネル・メッシ、ネイマール、ルイス・スアレスの南米トリオを中心に、どこからでも点が奪える難しい相手だ。

モラタは決勝への意気込みを聞かれ、「バルセロナとの試合は難しいものになるだろう。でも挑戦するよ。チャンピオンズリーグを制するために全力を尽くす。しっかりと戦えれば可能なはずだ」と、1995-96年シーズン以来の優勝に向け全力で戦うと語った。

《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top