【プロ野球】ヤクルト、畠山の一打でサヨナラ勝ち「捨て身の気持ちでいきました」 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【プロ野球】ヤクルト、畠山の一打でサヨナラ勝ち「捨て身の気持ちでいきました」

スポーツ 短信

野球ボール イメージ
  • 野球ボール イメージ
5月21日に神宮球場で行われたヤクルト対DeNA。ヤクルトが延長11回、畠山和洋によるサヨナラ打で4-3で勝利した。DeNAの連続カード勝ち越しは7でストップした。

前日の試合で2打席連続ホームランを放った、DeNAの筒香嘉智。この試合でも1点リードされていた四回、逆転の10号2ランが飛び出し一時は勝ち越した。

だがヤクルトはDeNA先発の三嶋一輝から、六回に2点を返し同点に追いつく。振り出しに戻った試合は九回で決着がつかず延長へ。

延長十一回の裏、ヤクルトは2アウトから3連打で満塁とし、4番の畠山が打席に入った。畠山は三塁にファウルフライを打ち上げたが、これを白崎浩之が落球。直後のボールをレフトに運び長い試合を終わらせた。

最後まで目が離せない展開での勝利に、「凄すぎるサヨナラ勝ちありがとう」「運もあるけど、サヨナラ勝ちに痺れた!」「ミレッジもよく打ったし、秋吉もよく耐えた。でも、さすが主砲の決勝だよね」と、ファンも野球を楽しんだようだ。

サヨナラの場面を畠山は、「ファウルフライで生き返ったんで、捨て身の気持ちでいきました」と、お立ち台で振り返った。これぞ4番という仕事を果たした畠山の活躍で、チームも再び乗っていけるか。
《岩藤健》

編集部おすすめの記事

page top