【プロ野球】ヤクルト・成瀬1発に泣いた、江越のプロ初ホームランで阪神が勝利 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【プロ野球】ヤクルト・成瀬1発に泣いた、江越のプロ初ホームランで阪神が勝利

スポーツ 短信
野球 イメージ
  • 野球 イメージ
4月28日に行われた阪神対ヤクルトの試合は、阪神が序盤に奪ったリードを守り抜き3-1で勝利した。敗れたヤクルト・成瀬善久は1発に泣いた。

阪神は2回裏に福留孝介、マット・マートンが連続安打で出塁し1アウト一塁、三塁の好機を作る。ここで打席に入ったのはプロ1年目の江越大賀。カウント0-1からスライダーを打ち返した当たりは、レフトスタンドに飛び込む3ラン。

江越のプロ初ホームラン、初打点で先制した阪神は先発のランディ・メッセンジャーが、7回を5安打1失点に抑える好投。22日のDeNA戦では集中力を切らし、打席での無力やサイン無視が批判された。しかし、この日は心配された立ち上がりを無失点で抑えると、ヒットは許しながらも中盤までヤクルト打線を封じた。

成瀬は阪神打線を6回3安打に抑えながら、その3本を二回に集められ敗れた。悔しい敗戦に「成瀬選手の時は打てないな!なんとか打撃陣が奮起を」「打線の奮起を期待しています」「OP戦での打線力は、どこに行ったやら…」「成瀬は期待通りの投球なので責められん。打線に元気がない」など、昨年の強力打線復活をとファンは期待する。

ヤクルトは4月を首位で終えるためにもビジター3連戦で勝ち越したい。
《岩藤健》
≪関連記事≫
≫池江璃花子、ビキニ姿で海へ「セレブモデルみたいなプロポーション」と水着ショットに反響

≫GPファイナル優勝の紀平梨花、姉の紀平萌絵も話題に…ダンサーとして活動する姉との仲良し姉妹っぷりに注目

≫GP連勝の紀平梨花と本田真凛の2ショットにファン歓喜「かわいすぎます、尋常じゃなく」「姉妹みたい」

編集部おすすめの記事

page top