緊張したが走ればいつも通り。グランツールに日本人歴代最年少で参戦の石橋 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

緊張したが走ればいつも通り。グランツールに日本人歴代最年少で参戦の石橋

スポーツ 短信

緊張したが走ればいつも通り。グランツールに日本人歴代最年少で参戦の石橋
  • 緊張したが走ればいつも通り。グランツールに日本人歴代最年少で参戦の石橋
  • 緊張したが走ればいつも通り。グランツールに日本人歴代最年少で参戦の石橋
NIPPOビーニファンティーニの石橋学は5月9日、第98回ジロ・デ・イタリアに初出場。チームの9選手は大勢の観客が詰めかけた華やかなスタートラインに立ち、トップから57秒差の20位でゴールした。

イタリア最大のステージレースはリグリア州のサンロレンツォアルマーレで開幕した。第1ステージはサンロレンツォアルマーレからサンレモまで、17.6kmのチームタイムトライアルだった。

今回のNIPPOビーニファンティーニは、将来を期待される若手選手が半数を占めるチーム編成。グランツール初出場となる選手も多いため、緊張感をもったスタートとなったが、チームキャプテンのダミアーノ・クネゴ(イタリア)を中心に、チームの雰囲気は非常によく、翌日からの本格的なステージに期待がかかる。

日本人選手の石橋学は22歳で、これまでグランツールに出場した日本人選手で最年少。また石橋と同い年のルーマニア人、エドワード・グロスは、ルーマニア人として初めてジロ・デ・イタリアに挑む(アンドローニジョカットーリのセルゲイ・ツベーツコフと同時初出場)。

「作戦どおりに走ることができました。チームからの指示は、終盤まで後ろで控え、最後に力を使い切って離脱するというもの」と石橋。

「初めてのグランツールで、やはりその華やかさに驚き、スタート前は緊張しました。でもスタートしたらいつもどおり。始まるまでが緊張のピークだったと思います。レースは無事にスタートを切ったので、残り20ステージと長いですが、いつもどおりに頑張って走りたいと思います」
《編集部》

編集部おすすめの記事

page top