【自転車MTB】W杯ダウンヒル第1戦フランス大会、男子は米国のグウィンが優勝 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト

【自転車MTB】W杯ダウンヒル第1戦フランス大会、男子は米国のグウィンが優勝

スポーツ 短信

2015年UCIマウンテンバイクワールドカップ・ダウンヒル第1戦フランス・ルルド大会、アーロン・グウィン(スペシャライズド・レーシング)が優勝
  • 2015年UCIマウンテンバイクワールドカップ・ダウンヒル第1戦フランス・ルルド大会、アーロン・グウィン(スペシャライズド・レーシング)が優勝
  • 2015年UCIマウンテンバイクワールドカップ・ダウンヒル第1戦フランス・ルルド大会、アーロン・グウィン(スペシャライズド・レーシング)が優勝
  • 2015年UCIマウンテンバイクワールドカップ・ダウンヒル第1戦フランス・ルルド大会、アーロン・グウィン(スペシャライズド・レーシング)が優勝
  • 2015年UCIマウンテンバイクワールドカップ・ダウンヒル第1戦フランス・ルルド大会、ロイック・ブルーニ(ラピエール・グラビティ・リパブリック)
  • 2015年UCIマウンテンバイクワールドカップ・ダウンヒル第1戦フランス・ルルド大会、マイケル・ジョーンズ(チェーンリアクションサイクル/ペイパル)
  • 2015年UCIマウンテンバイクワールドカップ・ダウンヒル第1戦フランス・ルルド大会、アーロン・グウィン(スペシャライズド・レーシング)が優勝
2015年UCIマウンテンバイクワールドカップ・ダウンヒル第1戦フランス・ルルド大会が、4月11~4月12日に開催。男子は、アメリカのアーロン・グウィン(スペシャライズド・レーシング)が優勝した。

男子決勝は、予選トップタイムをマークした地元フランスのロイック・ブルーニ(ラピエール・グラビティ・リパブリック)が優勝候補だったが、他の有力選手は予選で落車していたため予想が難しいレースとなった。

しかし、現世界王者のジー・アサートン(GTファクトリー)は予選の落車で手首を痛め18位に終わる。ところが、同じく予選でクラッシュしたグウィンがそれまでのトップタイムを約7秒上回る2分58秒691を叩き出し、今大会初の3分切りを果たす。

【W杯ダウンヒル第1戦フランス大会、男子は米国のグウィンが優勝 続く】
《》
≪関連記事≫
≫レアル所属・中井卓大くんの身長の伸び方がエゲツなくて逆に心配?

≫大阪桐蔭・藤原恭大が決勝で6安打6打点!活躍が”ゲーム並み”だと話題に

≫報徳学園・小園海斗、あの“滝川第二”を破りSNSでも「小園、半端ないって!」と話題に

編集部おすすめの記事

page top